グラフ

投資信託や証券会社の比較情報GET!スマート運用ライフ

シニアの生活を支える

お金

少子高齢化が海外とは比較にならないほどに進んでいる日本では、高齢化に伴う様々な弊害を対策するために方法が模索されています。若者が働いても支えることが出来ないというのが現状であり、国一体となって高齢者を支える仕組みを作る必要があります。高齢者を支える仕組みとして開始されていることといえば高齢者施設運用の簡略化などがあります。簡略化を行なうことで様々なビジネスに展開することが可能になり、あらゆるビジネスに繋げることが可能になります。こういった仕組みを匠に利用して新たな施設を提供する企業に都市綜研インベストバンクがあります。都市綜研インベストバンクでは様々な高齢者施設の提供を行っていて、自立したシニアライフを提供しています。
自立したシニアライフを提供してくれる都市綜研インベストバンクではより過ごしやすい住宅環境を提供する事をメインとして行っています。共生と自立と医療を絡めたサービスを行い、高齢者が高齢者でありながらも自立して生活できるような仕組みを行っています。これまでの高齢者施設はあくまで施設としての存在でしか無く、寝たきりや介護といった側面が強くアピールされてきました。しかしながらこれから先高齢者の数はよりいっそう増えるとされていて、これ以上に介護が必要になる事がわかっています。しかしながら働き手は減少を続けているため、いづれ介護者が不足する事になります。介護だけに頼るというのは日本では不可能な事でもあり、介護を受ける側が自立して生活できる仕組みを上手く提供して上げる必要があります。都市綜研インベストバンクではこの仕組の先駆けとなるサービスを行っていて、様々な業界から注目を集めています。また、老後は働くことが出来ずに貯金や年金などで生活をしていかなければならないのですが、資産運用として都市綜研インベストバンクを利用している人も多いので今後もより一層注目を集めていくと予測されます。