男性

投資信託や証券会社の比較情報GET!スマート運用ライフ

必要となる場面

男性

株価算定を行なう場面は株を発行する時などです。M&Aを行なう時も必要になり、ベンチャーキャピタルから資金調達をする時に必ず必要になります。WEBサービスを用いて算定を受けることが可能です。

読んでみよう

シニアの生活を支える

お金

都市綜研インベストバンクでは高齢者の生活を支えるサービスを提供していて、多くの方がこのサービスを用いています。また、投資事業も行なわれているので資産運用に活用することが出来るでしょう。

読んでみよう

通貨の仮想化

お金

仮想通貨の取引所は日本でも存在し、様々な取引やトレードが行われています。仮想通貨は様々な魅力があり、今後世界の統一通貨になる可能性を秘めています。今後取引所の数も増えてくると見られています。

読んでみよう

資産運用をお考えの方へ

メガネをかけている人

資産運用の重要性

老後の収入の柱となるべき年金については、少子高齢化による財政事情の悪化の影響などもあり、支給開始年齢の引き上げや、支給額の引き下げなどが見込まれています。そうした状況にあって、今後は個人がしっかりと資産運用を行い老後の資金を用意しておくことの重要性が指摘されています。とはいえ、これまで株式投資などを行ってこなかった人にとって、まとまった資金を特定の会社の株式に投資したりするのはリスクが大きいと感じる人も少なくないといわれています。そうした際にお勧めなのが投資信託を購入する方法です。投資信託は証券会社に口座を開設すれば簡単に購入することができます。銀行でも購入することができますが、銀行と証券会社を比較すると圧倒的に証券会社の方が購入できる投資信託の選択肢が多いという特徴があります。

商品選択のポイント

また、証券会社にも対面営業中心の証券会社とインターネット専業の証券会社があります。両者を比較した場合、最近では購入できる投資信託の数に大きな差はないことに加え、ネット証券の方が営業攻勢にさらされなくて済むというメリットもあります。また、株式の売買手数料を比較すると、ネット証券の方が手数料が安い傾向があります。長い期間にわたって投資を行っていくにあたっては、手数料の差も将来の資産形成に大きな影響を及ぼすこととなります。投資信託の購入にあたっては、過去のパフォーマンスに注目するのではなく、販売手数料や信託報酬などの確実に係るコストをしっかりと比較をしたうえで、類似の商品であればそうした手数料の低い商品を選ぶことがポイントになります。